宇都宮でヒーリング、パステル曼荼羅花アートヒラリ

宇都宮でヒーリング、パステル曼荼羅花アートヒラリ

型紙の作り方

パステルで絵を描くのは難しいと思っていませんか?実は、そんなことはありません。
もちろん手で持って鉛筆のように描く場合もありますが、大部分は削って粉状にしたものを指やコットンにとって型紙を使って描いていくことが多いです。
この方法だと、絵が苦手な人もびっくりするくらい簡単に、素敵な絵が描けます。

「でも、そもそも型紙ってどうやって作るの?」
そんな方に、簡単な型紙の作り方をお伝えします。

●ハサミで切る

切る道具と聞いて、一番初めに思い浮かぶのがハサミではないでしょうか。ここでは、ハサミを使ってハートの形を切ってみたいと思います。

①適当な大きさの画用紙を二つ折りにする。②鉛筆でハートの半分を下書きして、その通りにハサミで切る。③画用紙を開いて、残った鉛筆の下書きを消す。ハサミを使うと対称形を簡単に作ることができます。ハサミで切ったハートの型紙を使って絵を描きました。
ハートをランダムに散らしただけですが、一種類の型紙だけでも可愛い絵が完成です。大きさの違うものをいくつか作ると、もっと色々な絵が描けますよ♡

●カッターで切る

私が型紙を作る時に一番多く用いているのがカッターです。事務用のカッターでも良いですが、デザインカッターがあると、細かい部分が切りやすいです。ここでは、カッターを使ったハートの形を切っていきます。

①適当な大きさの画用紙に、鉛筆で好きな形のハートを下書きする。②カッターでハートを切り抜く。③残った鉛筆の下書き線を消す。

カッターを使うと、自由な形を切ることができます。カッターで切ったハートの型紙を使って絵を描きました。
ハートの尖った部分をくっつけて、四葉のクローバーが完成です。切り抜いた中身も型紙として使っています。

●手で切る

自然な感じを出すのには、手で切る方法がオススメです。ここでは、地面を切っていきます。

①コピー用紙を手で少しずつ切っっていきます。少し歪になっても構いません。

手で切ると、ハサミやカッターでは出せない味わいのある表現が可能です。地面だけでなく、雲も手で切ってみました。山や波打ち際を描くときにも使える方法です。

●クラフトパンチを使う

大きさは決まってしまいますが、100均などのクラフトパンチを使う方法もあります。ハートや星、音符など、カチッと押すだけで簡単に型紙が作れるので便利です。

クラフトパンチの星を使って絵を描きました。大きさの違う星を3種類と丸を組み合わせています。お手持ちのクラフトパンチがある方は、色々と試してみてくださいね。

●まとめ

いかがでしたでしょうか、型紙(テンプレート)があれば、パステルアートが簡単に描けることがお分かりいただけたと思います。
型紙がを使うとば表現の幅が広がって、絵を描く楽しみが増える事は間違いありません。
ぜひ、オリジナルの型紙作りにチャレンジしてみてくださいね。

 

guide

パステルで心のスケッチ 宇都宮初のパステル曼荼羅花アート教室
HIRARIの考えるセラピー効果「こんな人に」「こんな時に」
パステル曼荼羅花アートインストラクター 平石範子