宇都宮でヒーリング、パステル曼荼羅花アートヒラリ

宇都宮でヒーリング、パステル曼荼羅花アートヒラリ

季節の花を描く「フラワーパステリア書」

「フラワーパステリア書」って何?

「パステリア書」はどなたでも簡単にしかも本格的な書を描けるようにと、筆以外の道具を使って描くインテリア書とパステルアートが組み合わされたkokoちゃん考案のアート作品です。使用する画材はパステルと墨(墨汁)、パステルで絵を描いた後に、墨で文字を入れていきます。
「フラワーパステリア書」は、フラワーで心が癒されることを願ったパステリア書です。美しいフラワーのパステルアートと墨文字のコラボを色紙サイズの紙に描いていきます。(1作品2時間程度)

講座内容:チューリップ(Tulip)/桜(Cherry Blossoms)/茉莉花(ジャスミン)/木春菊(マーガレット)/Rose(薔薇)/紫陽花(あじさい)/胡蝶蘭(こちょうらん)/百合と蝶/向日葵(ひまわり)/ポインセチア(猩猩木(しょうじょうぼく))

受講料:1作品5,000円、2作品同日8,000円 ※2作品同日申込みの場合は、昼食をお持ちください。
持ち物:エプロン、ウエットティッシュ、持ち帰り用袋(B4が入るもの)
お申込み・お問い合わせ

★注意事項
・「フラワーパステリア講座」の作品を営利目的で販売することはできません。(プレゼントはOK)
・講座を受けてない方に道具や描き方を教えること、ネットで描き方など公開することはできません。

■チューリップ(Tulip)・穏やかな時間を過ごしたい時に

春になるとかわいらしいカップ状の花を咲かせるチューリップ。子どもから大人まで誰もが知る、春の代名詞ともいえるお花です。
・開花時期は、 3月末 ~5月初旬頃
・花言葉は「華美、恋の告白、美しい目、魅惑、博愛、思いやり、真面目な愛、正直、丁重」

■桜(Cherry Blossoms)・心を豊かにしたい時に

”花見”といえば桜。中でも「染井吉野(そめいよしの)」がもっとも有名です。日本原産のお花で、うすピンク色の花を咲かせます。
・染井吉野の開花時期は、 3月末 ~4初旬頃
・染井吉野の花言葉は「優れた美人」

■茉莉花(ジャスミン)・心を思いっきりリラックスさせたい時に

白い5弁花で、とてもよい香りがするジャスミン。インドでは、若い女性は、恋人にもらったこの花を髪の毛に編みこんで愛の証しとするらしいです。
・開花時期は、 4月末 ~5月末頃
・花言葉は「優美、愛らしさ、素直」

■木春菊(マーガレット)・心を落ち着かせ癒されたい時に

ギリシャ語の「マルガリーテ(真珠)」に由来した名前で、花色は、白やピンクなど。
・開花時期は、3月〜7月頃
・花言葉は、「真実の友情、愛の誠実」

■Rose(薔薇)・愛情をたくさん感じたい時に

古代から、繁栄と愛の象徴とされており、ギリシャ神話では、愛と美の女神の「アフロディーテ」が海から誕生したときに、大地がそれと同じぐらい美しいものとして、バラの花を作ったとされています。
・開花時期は、 春(5~6月)と秋(10、11月)
・花言葉は「私はあなたにふさわしい、内気な恥ずかしさ、輝かしい、愛嬌、新鮮、斬新、私はあなたを愛する、美、あなたのすべてはかわいらしい、愛情、気まぐれな美しさ、無邪気、爽やか、愛らしさ、素直」

■紫陽花(あじさい)・気持ちをスッキリさせたい時に

梅雨時に青やピンク色のきれいな花を咲かせるアジサイ。最近は母の日のプレゼントにも人気です。鉢植えは水切れを起こしやすいので、土が乾く前に水をあげてるのが枯らさないコツです。
・開花時期は、6月初旬〜7月中旬の梅雨時
・花言葉は、「辛抱強い愛情、元気な女性」

■胡蝶蘭(こちょうらん)・新しいことにチャレンジしたい時に

胡蝶蘭は新規開店や結婚のお祝いなどのおめでたい場を華やかにしてくれる花として好まれています。名前の由来は、蝶が飛んでいるような花の姿と、学名についているギリシア神話の愛と美と豊穣の女神アフロディテ(aphrodite)から。
・開花時期は、5月〜7月、11月〜12月
・花言葉は、「幸福が飛んでくる、純粋な愛」

■百合と蝶・心を休めたい時に

豊かな香りと美しい姿でプレゼントにも人気のある百合。観賞用以外にも、食用や薬用など様々な種類があり、咲き方やカラーバリエーションも豊富です。
・開花時期は、5月〜8月頃
・百合全般の花言葉は、「純粋、無垢、威厳」

■向日葵(ひまわり)・元気なパワーをもらいたい時に

「太陽の花」とも称される向日葵。花が太陽の動きにつれてまわると言われていますが、実際には、花首の柔らかいつぼみのときだけ、昼間、太陽の方向を向いて、成長して花が咲いてからは東を向く、というのが本当のようです。
・開花時期は、7月初旬〜9月初旬頃の夏の代表花
・花言葉は、「私の目はあなただけを見つめる」

■ポインセチア(猩猩木(しょうじょうぼく))・明るく前向きな気持ちになりたい時に

クリスマスになると出回る花で鮮やかな赤が印象的ですが、花は中心の黄色い部分です。メキシコなどの中南米が原産国のため、寒さに弱い植物です。
・ポインセチアの花言葉は、「祝福、聖なる願い、清純、聖夜」など。

 

 

guide

パステルで心のスケッチ 宇都宮初のパステル曼荼羅花アート教室
HIRARIの考えるセラピー効果「こんな人に」「こんな時に」
パステル曼荼羅花アートインストラクター 平石範子