宇都宮でヒーリング、パステル曼荼羅花アートヒラリ

宇都宮でヒーリング、パステル曼荼羅花アートヒラリ

講師紹介

パステル曼荼羅花アートインストラクター  平石範子

パステル曼荼羅花アートインストラクター平石範子
たくさんのパステル講座の中で出会って頂きありがとうございます。
ヒーリングアートスペースHIRARI 平石範子です。
花とパステルと建築を見て歩くのが大好きな一児の母です。
人と人は直接お会いした方が、より強くより深く影響し合えるように感じています。
便利な方法が溢れる現代において、直接会うというアナログな方法での伝え方にこだわっているのは、文章や画像だけでは伝えられない空気感のようなものを大切にしたいと考えているから。
お会いすることでしか感じることのできない感覚を共有しませんか。

幼少期〜建築士時代

1965年栃木県宇都宮市生まれ。父が建設業を営む3人兄弟の長子。小学校の頃から家の間取りを考えたり模様替えをすることが好きで、設計の仕事がしたいと思い工業高校の建築家に進学。卒業後は地元設計事務所に就職。
同じ事務所で働いていた8つ年上の男性と意気投合し21歳で結婚。
ほどなく妊娠。出産のため退社し、子育てをしながら2級建築士、インテリアコーディネーター、キッチンスペシャリストの資格を取得し設計事務所を開設。

建築専門学校の講師、1,000名以上の卒業生を送り出す

縁あって、高校時代の恩師が校長を務める建築専門学校の講師となり、20年間に渡り、栃木県の土木・建築・インテリア業界を支える人材の育成に尽力。県内外に1,000名以上の卒業生を送り出す。授業では建築デザインや住空間デザインの授業を受け持ち、パースの描き方や住宅模型、プレゼンテーションボードの作り方などを教える。

パステル曼荼羅花アートを描く

パステル曼荼羅花アートインストラクターとなるまで

夫の亡くなった年齢に達したことで「これからはオマケの人生」と思い立ち一念発起。退職しグラフィックデザイン学校に入学し、Illustrator・Photoshopの技術を習得。
卒業後は、これまでの知識と経験を生かし。工務店の広報として再就職。チラシの作成や、顧客向けのセミナー講師を務める。
パステル曼荼羅と出会ったことで、パステル画の魅力にはまり、1ヶ月で100枚の曼荼羅アートを描き上げる。
娘で切り絵作家の平石智美の応援もあり、2017年4月よりパステルアートの自宅サロンをオープン。
パステルシャインアートの他、糸かけ曼荼羅アート、TCカラーセラピー、カラーメンタリング®、ディンプルアートのインストラクターとして活動。
2018年からは新たにパステリア書インストラクターとなる。

この間、杉本みのり先生開発の特許シートを用いたパステル曼荼羅花アート(心花絵写し®)と出会い、この魅力を一人でも多くの人に知ってもらいたいと思いインストラクターを目指す。

今まで絵を描く機会がなかった方でもリラックスして絵の制作を楽しんでいただける、そんな教室を心がけています。
また、単に絵を描くだけではなく私たち女性の今までの人生の中で感じてきた様々な感情も、一緒に分かち合い美しい曼荼羅へと昇華していけたら嬉しく思います。

guide

パステルで心のスケッチ 宇都宮初のパステル曼荼羅花アート教室
HIRARIの考えるセラピー効果「こんな人に」「こんな時に」
パステル曼荼羅花アートインストラクター 平石範子